CHAGE and ASKA Concert tour 2007 DOUBLE
Schedule Thank you Mail  Goods  Report Album DOUBLE Fan club   Contact
ALBUM  DOUBLE
top
ALBUM DOUBLE CHAGE and ASKA セルフライナーノーツ
TUG OF C&A special アルバム「DOUBLE」セルフライナーノーツ

 前回のリリースから時間の経過もあったので、「構想何年、遂に完成」みたいな、そんな意気込みが伝わるものも想像していたが、違った。キャリアを重ねてきたからこその、前人未到のチャゲアスではなく、貴方の普段の営みのすぐ横に自然に鳴っていて不自然じゃないような、そんな歌が詰まったアルバムなのだった。何より「伝えたい」というふたりの気持ちが充満していて、歌詞もすーっと理解しやすいものが多い。ミュージシャンとしての姿勢として、自分達自身が聞きたい音を鳴らすんだという、ピュアな音楽大好き人間としての姿勢も伺える。お互いが相手を必要として、適宜、それに応えあっていることから生まれる様々な形のハーモニーも堪能できる。そんな、実に気持ちのいい出来ばえであり、待っていた甲斐があったと心から思う。
 オープニングで聴こえてくるのは『パパラッチはどっち』という、実に軽妙なタイトルの作品だ。ここで私の全身の力は程よく抜け、快調にこのアルバムを楽しみ始めることになる。しかしこの曲、ヒッチコックの映画『裏窓』からインスパイアされたそうだが、面白い着想だ。パパラッチという一方通行な言葉を双方向のイメージに変えた意外性である。曲のスタイルも、ASKAが音楽という海原を心地よくスラロームしていくかのような印象。前号の彼らのセルフライナーノーツの中で、CHAGEは“異文化テイスト”という言葉を使っているが、この曲のイントロアレンジからして、すでにそんな印象を受けないこともない。このアルバムは彼らの新たな旅の始まりを告げるものなのだということが、押しつけじゃなく示される。
 次の『Wasting Time』は、詞の意図も曲のスタイルも、ガツンと手応え充分である。そして、一貫した迷いのない演奏スタイル。安心して興奮できる、という言葉はヘンだけど、CHAGEのボーカルに程よいビター・テイスト(音の処理もあるが)が効いて、今後人気曲に育って行きそうだ。実はこのアルバム中、僕が真っ先に気に入ったのがこの曲だった。そして歌のテーマはおそらく「生きるということ」そのものにつながっていくんだと思うし、これから春に向うというタイミングで言うなら、新しいことを始めようとしているすべての人達の背中を押す曲でもあるんだろう。もちろん、これからツアーに出かける彼らの背中も含め……。
 出たッ。次の曲は、タイトルからして思わずそう呟いた。『地球生まれの宇宙人』は、様々な意味で直接的なコミュニケーション不足の世の中に、一石を投じる。浮いてる自分、孤立している自分(=宇宙人かも?)は、ちゃんと自分を説明できてないから、ということも多いのでは……。“パパラッチ”にしてもこれにしても、ASKAがとっても柔軟な曲作りをしていたことを伺わせる。そして、これは僕の個人的な感想だが、ASKAという人の脳味噌の内部が、実にハッキリと出ている歌だと思うのだ(ちなみに、僕は何度か彼に取材していて、余談として、近未来や技術革新に関する話を聞いた経験があるのだが、そのときはまさに実感として、彼はひょっとて宇宙からきたのかも、と、そう思ったことがある)。まだまだ彼は自分のことを歌のなかにちゃんと白状してないんじゃないかとも思う(てことはもっともっと作品が生まれるということでもあるのだろう)。
 この楽曲は、たっぷりいいメロディに触れたなぁという気分にさせるものでもあるが、メロディの芳醇さなら次も負けてない。つい口ずさみたくなるような『ボクラのカケラ』は、チャゲアスがこれまでにJ-POPに打ち立ててきた旨味成分が、ぎっしりと凝縮されたものだろう。この場合の“DOUBLE”は、ラーメンの“ダブル・スープ”にも似ているのではないだろうか(凝ったコーラス・パートも含めて)。CHAGEやASKAがいちばん影響された日本のポップス、70年代の洋楽、この曲は雑味なくそれらと“繋がっている”。この曲はCHAGEのここ最近のソング・ライティングが構えたものじゃなく、ごく日常のこととして好調であることを伺わせる。
 ギターが印象的な前作から、次はキーボード群が織りなす色合いが強い『Here&There』へと。ここではCHAGEらしさ漂うコード感から紡ぎだされたメロディ(表じゃなく、裏側から取ってく感覚)と、がっぷり両者が歌声を絡み合わせるボーカル・スタイル。お互いが遠慮なく個性をぶつけ合わせられる(ふたりの今の状態が伝わるASKAの喉の絶好調ぶりもある)。後半の繰り返しの部分では様々な音の色彩が香り立つ。『36度線』は、シングルとしてリリースされたものではなく、曲ができた当初にあったアイディアに再び返ってレコーディングし直されたものだとか。アンプラグドっぽい編成(例えばキーボード奏者がアコーディオンに持ちかえる、みたいな……)の音。ナイロン弦のギターの温かさもあって、言葉の伝わり方も違う。『Here&There』とはまた違うアプローチでふたりの声が揃い踏みする魅力を感じる。
 そして『僕はMusic』は、ストリングスの広がりとともに恋の情熱を届ける曲。何かに突き動かされるような感情をたたえたラブ・ソングって、掛け値なしにいいなぁと思う。『光の羅針盤』も待望の曲だけど、こちらも迷いないラブ・ソングとして聴ける。羅針盤が主人公を導く場所は、真実の愛がある場所なのだ。たしか何年か前、彼らはラブ・ソングをストレートに発信するには微妙な年齢に差し掛かった的な発言をしていたことがあったけど、この2曲はそれも抜け、再びそうしたテーマも衒いなく歌えてる姿を彷彿させる。“羅針盤”のなかの「使い古された言葉ほどせつなく」というフレーズは、たいへん真実味がある。もちろん、世界でいちばん使い古されて、そして今でもいちばん重たい愛のフレーズは、“アイ・ラブ・ユー”なのだろうが……。
『crossroad』と『Man and Woman』という2曲で、このアルバムは終わる。お互いの楽曲に対して様々な協力関係で変化に富んだ楽曲を連ねてきた本作だが(そしてこの2曲にもそれは引き続きあるが)、最後にことさら際立つのは、CHAGEとASKAの、それぞれのボーカリストとしての資質だ。『crossroad』はCHAGEの歌とボーカリーズ的(声を楽器のアンサンブルのようにハモらせること)コーラスのバランスが素晴らしいできだ。やがて、感情をたっぷりと塗り込んだCHAGEの歌声がコンダクターの指揮棒のようにバンドやストリングスを操るがごとく立ち上がらせていく。ブレスの音も聞こえてきそうな生身の歌声が記録されている。前者の余韻を引き継ぐかのようにピアノが聴こえて、今度はASKAの『Man and Woman』だ。声を絞り出し漠然とした情感を得るのではない、伝えたいことをリアルに取り出して見せる彼じゃなきゃあり得ない声の描写力が炸裂するこの歌は、詞の構成法も鋭い。Aメロにイメージが広がる英語詞を持ってきて、でもサビでも何かと何かの対比というテーマが日本語により発展していく。「愛を守ろう 愛で守ろう」という、このフレーズには多くの人達が感涙したのではと思う。そして、歌い終わる最後の言葉のその余韻まで、磨き抜かれた完成度である。このふたつの曲は今のふたりにとっての年齢相応の“アダルト・コンテンポラリー”な姿勢の出た楽曲と言えるだろう。
 そして、気がつくと僕は、チャゲアスの楽曲であるのに関わらず、「CHAGEの……」「ASKAの……」と、そんな文章の書き方としていた。ここで、アルバム・タイトルに関することも最後に書かせていただきたい。この件に関しては前号に詳しく載っているが、僕なりにこの『DOUBLE』という言葉を解釈するなら、つまりは“ダブル・スタンダード”のダブルなのだと思う(この言葉を米国の外交を例にして否定的な意味に使う人もいるが、本来は肯定的な表現だ)。そもそもチャゲアスというのはひとつの基準(=スタンダード)に縛られるグループではないし、そこに生まれる確固たる「個性の並列と交わり」こそが強みなのだ。と、書いてはみたのだが、もはや皆さんは、ふたりの絆を話題にすること自体に辟易としているのではないかと思う。だって絆とかっていうことは、ことさら強調するもんでもないし、それを言葉にするだけで嘘っぽい。そもそも人と人との間に常に一定の強さでそれが存在しなければいけないものでもない。
 今回、ふたりが一緒にアルバムをリリースしようとした事実こそ、すべての答えがある。そして、まだまだこれからも、この人達はキュンとすること、面白いこと、同感することを発信してくれるんだろうという確証を、このアルバムによって得たのだった。

この記事は、CHAGE and ASKAオフィシャルファンクラブ“TUG OF C&A”会報2007年2月号に掲載された記事を転載したものです。
TUG OF C&Aでは、CHAGE and ASKA情報が満載の会報を毎月発行しています。

(C) Rockdom Artists