CHAGE and ASKA Concert tour 2007 DOUBLE
Schedule Thank you Mail  Goods  Report Album DOUBLE Fan club   Contact
ALBUM  DOUBLE
top
ALBUM DOUBLE CHAGE and ASKA セルフライナーノーツ
TUG OF C&A special アルバム「DOUBLE」セルフライナーノーツ

パパラッチはどっち
作詞:ASKA/松井五郎 作曲:ASKA 編曲:澤近泰輔

映画のあるシーンのようなものを作りたいねってところから始まってね。ヒッチコックの『裏窓』まで話しが進んで、最初から構想していた“ひとつのストーリーをみんなが浮かべてくれるような楽曲”になったと思います。
まわりが“ASKAの中に今までなかった新しい楽曲”ととらえてくれていてね。あまりにもそう言う人が多かったんだけど、自分ではそうは思わない。そんなふうに感じる部分がどこかにあるんだろうけどね。きっといつか自分でも気づくんだろうね、みんなが言っていたのはこういうことだったんだって。
アレンジも気に入ってます。最初、デモテープの段階ではキックとスネアとハイハットが全部同時に進んでいくものだったんだけど、もっとストーリー性のある流れるようなものにしたいってことから始まって、ここに至りました。音をまとめてくれた澤近は本当に多才だなと改めて脱帽。いい仕上がりになりました。(ASKA)

Wasting Time
作詞:石塚貴洋/松井五郎 作曲:CHAGE/村田努 編曲:村田努

デモテープ上のまだ歌詞がない段階での仮歌で、サビの部分で自然に口をついて出ていた歌詞が“♪ウェスティ〜ンタイム”みたいな言葉だったんです。これを広げてみようかなと。意味を持ったフレーズが口を吐いてでてきたわけですから。“Wasting Time”“時間の浪費”か……。ただ、そのままの意味では後ろ向きな内容になってしまう。この曲の持つ強さというか、勢いからはあくまでも前向きな内容にしたかったので、Wasting Timeを“次に進むための準備の時間”というような解釈にして、歌詞の世界を広げていこうという話しにしました。
 曲は大好きなマイナー調のロック。曲を作るとき、自分の中で大切にしたいのはギターのリフで、イントロのギターでその曲のイメージが決定づけられるようなものを作るのが大好きで。だからこの曲に関しても“絶対ギターのリフだよ、いいリフをどんどん探そう”ってことになって。何度も試行錯誤した甲斐もあってガツンとくるギターリフが作れました。もう、王道です、王道そのままで作りましたって感じですね。(CHAGE)

地球生まれの宇宙人
作詞:ASKA 作曲:ASKA 編曲:十川知司

僕が宇宙人ってこと、そろそろ告白してもいいかなって思って、そんな曲を作ってみました(笑)。
 いちばん言いたかったのは、2コーラスめの頭。自分は自分のことを表現しているつもりなんだけど、わかってくれる人とわかってくれない人がいる。直接自分に届くのはわかってくれない人の意見のほうだったりする。反感や反発を受け止めながら“我のみぞ知る”ことに向かって行くワケだけど、自信と過信の間。そのバランスがいちばん難しい。
 たぶん、誰もが思っていると思うんだ。なんで自分はこうなんだろうって。世の中をふたつに分けるとしたら“自分とそれ以外”しかない。だから少しでも相手に、自分はこうなんだっていうのを自分以上に出そうとする。反面、人に対してはやさしくありたいって思う。その場で表すのと、後でそう感じてもらうのとがあるけど、心が繋がっていなければ誤解しか生まれないことがある。喜びと悲しみは表裏一体で、喜んだ瞬間にもう次に何かが始まっていて、そのピークを過ぎるとむなしさとか悲しさ、淋しさを覚悟しなくてはいけないしね。
 こんなふうに、日頃思っていることを言葉にして、歌詞の中に詰め込んでみました。ちょっとウィットに富んだところを出したくて、大好きな坂本九さんも入れました。上を向いて涙がこぼれないようにしても、僕はこぼれてしまうんだよ。僕は宇宙人だから。(ASKA)

ボクラのカケラ
作詞:CHAGE/松井五郎 作曲:CHAGE/村田努 編曲:村田努

70年代のラジオを聴いていた中学校高校の頃の自分を照らし合わせながら、あの頃のエッセンスを入れてメロディーを作りました。パッと聴いた感じでは、もしかしたら新しさを感じてもらえるかもしれないけど、狙いとしては懐かしい感覚を入れました。
 なんにせよ、今回は肩の力を抜いて聴ける曲を作ろうっていうのがあったんだけど、そんな意識も生かされていると思います。メロディーにしろ、歌詞にしろ、ストレートに入っていって、それでいて入った瞬間分裂していろんなところに意識がいってしまう曲にしたかった。わかりにくい?聴いてもらえばわかります。
 『ボクラのカケラ』は、最近の世の中は……なんてことを考えていたらフッと浮かんだ言葉です。最近、所詮人はひとりだということを突きつけられるような出来事が多いけれど、絶対に人はひとりじゃない。みんなカケラで、カケラは集まらないと成り立たないから……なんてことをつらつらと考えていて、そこから物語を紡いでいきました。ちょっとシニカルな視点を盛り込みながらも、自分に足りないものを探していこうよってね。ライブではみんなで一緒に歌いたいと思っています。(CHAGE)

Here & There
作詞:松井五郎 作曲:CHAGE/村田努 編曲:十川知司

ASKAとかけあいでボーカルを録っています。レコーディングの過程で、この楽曲の雰囲気が見えたときから、ASKAとツインボーカルで歌えたらいいなと思っていました。昔の『tomorrow』や『野いちごがゆれるように』みたいにね。僕自身もCHAGE and ASKAを楽しみたかったのかもしれないね。ちなみにシングルのRemixバージョンでは十川知司による新たなアレンジを軸に、DJ cool-kのスクラッチ、鈴川真樹のジャズギター、CHAKAのラップと、それぞれが見事な即興の演奏を披露してくれました。一緒に作っていった僕らも最高に気持ちよかったので、ぜひ聴いてみてください。(CHAGE)

36度線 -1995夏- album ver.
作詞:ASKA 作曲:ASKA 編曲:十川知司

1995年にシングルになりそうな楽曲だったんだけど、楽曲が完成するギリギリのところまで作ってみたものの、どうしても何かが足りない気がして、アルバムの中にも入れませんでした。時が過ぎて、25周年シングルで再度レコーディングし直したことはご存じだと思います。あのときに(’95)辿りつけなかったところに行くことができました、あのとき思いつかなかったことがやれたなって思えました。それもあって自信をもって25周年シングルとしてリリースしました。
 とはいえ、1995年のときに作られた初代『36度線』にも愛着はある。プロデューサーの山里のアイデアで昔のテイクの使える部分を抜き出す作業に入りました。ここからは腕の見せ所というか、それをどう使うかという楽しいスタジオワーク。そしてその上に新しく音を積み上げながら仕上げました。(ASKA)

僕はMusic
作詞:ASKA/松井五郎 作曲:ASKA 編曲:旭純

これはシングル盤そのままを収録しました。今聴いても思うけど、本当にワクワクします。これは触らずにそのまま入れました。(ASKA)

光の羅針盤 album ver.
作詞:CHAGE 作曲:CHAGE/Tom Watts 編曲:旭純

チャゲアスバンドのキーボード・旭純と組んでリアレンジしました。シングルよりももっと肌触りのいいもので、もっとコンパクトなものにしたいって話し合いながら、ちょっとロックでタフな感じにしたくて、そこにまた異文化テイストを加えて、リコーダー、バンジョー、マンドリンなどを入れました。ひじょうにやさしい印象になったと思います。
 この曲はライブでずっと歌ってきていたものだったから“違うバージョンを作るとしたら”という問いかけのなか、ひとつの答えが明解に出たんだと思います。とはいえ、そうそう簡単にいくはずもなく、そのときどきでかなり悩みも入りましたが。
 ライブで歌いこんでいたからこそ、新たに録り直したボーカルも、満足いくものになりました。(CHAGE)

crossroad 〜いまを生きる僕を〜 album ver.
作詞:石塚貴洋 作曲:CHAGE/Tom Watts 編曲:澤近泰輔

今回のバージョンは、コーラスがとても印象的になっているのは、聴いていただければすぐにわかるかと思います。ASKAが11時間かけてコーラスの多重録音をやってくれました。それに触発されて、本当に気持ちよく歌えました。やっぱり人の声ってすごい、なんてASKAのコーラスを聴きながら再確認したかな。せつないし、だけど前向きだしというこの歌のテーマが、より際立ったと思っています。(CHAGE)

Man and Woman
作詞:ASKA/松井五郎 作曲:ASKA 編曲:澤近泰輔

物事の対比から始まっています。空と地、黒と白……。でも、はっきりとした境を作れないのが男と女。
 いつも自分が思っていた“やがて生まれてくる自分のために”というフレーズ。どれだけ相手のことを考えても、相手のためにやり切れた自分の満足があって、人はそこの満足に喜びを感じているんだと思う。結局、人は自分の満足のために生きて、自分の世界を、自分の宇宙を作っていくしかないから。それでいいんだと思うし、間違っていないと思ったから、この気持ちはやっぱり普遍だと思います。そんな嘘のない気持ちをはっきりとこの歌で言い切ってしまおうと思い歌詞作りが始まりました。僕の作りたいモノに対しての松井五郎の理解力は大きい。たくさんの人たちに喜んでもらえる作品になったと思います。(ASKA)

この記事は、CHAGE and ASKAオフィシャルファンクラブ“TUG OF C&A”会報2007年1月号に掲載された記事を転載したものです。
TUG OF C&Aでは、CHAGE and ASKA情報が満載の会報を毎月発行しています。

(C) Rockdom Artists